自己破産とは何かについて紹介

自己破産とは何か

自己破産と言う言葉を耳にした事はありませんか。最近では不況のせいか良く聞く言葉だと思われます。自己破産がどの様なものかと言うと、債務自身者が裁判所に破産申立を行う事となっています。借金をしている方が支払期限が過ぎているのにも関わらず返済が出来ないで困っている場合に適応される手続きです。この状態が裁判所の判定によって認められる場合には、法律の保護の下借金の返済義務が免除される事になります。自己破産した後は、返済に追われる苦しんでいた日常から解放される事になるので、収入や財産を自由に使用する事が可能になるので苦しみから解放されると言っても良いでしょう。

 

自己破産と言うのは、ある程度の制限を受ける事は確かにありますが、借金返済の義務がなくなるので心機一転新たな人生を送る為には充分でしょう。何が言いたいのかと言うと、借金で生活が出来なくなり苦しかったとしても、リスクを犯して夜逃げをしたり、自殺と言う最悪の手段を選ぶ必要はないと言う事です。また、自己破産が認められると、生活に必要となる必要最低限の持ち物を除いて、所有財産が失われる事になるので理解しておいて下さい。しかし、その代わりに自分を苦しめていた借金から解放される事になるので、納得出来る事なのではないでしょうか。

 

それと、良く勘違いをしている方が大変多いのですが、仮に自己破産をしたからと言って満足な社会生活が不可能になると言う訳ではありません。と言うのも、この自己破産と言う制度自体がそもそも借金で困っている債務者を助けて、もう一度まともな社会生活を送るチャンスを与えると言うものだからになります。それなので、自己破産と言う言葉に対して抵抗や否定的な意見があるかも知れませんが、気にする事は全くない事は覚えておいて下さい。

 

自己破産の手続きがどの様になっているかと言うと、借金返済が苦しくお金を返せなくなってしまった方が、まず初めに裁判所に破産申立を行い、その後破産手続開始決定を受けた後に免責申立を行い免責決定を受ける流れになっています。破産申立を行ってから免責決定になるまでに3〜6カ月程度の期間を有するので、そこら辺も頭に入れておきましょう。

借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!【ジャパンネット法務事務所】無料相談





アドセンス広告